NEWS

米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Lance Cpl. Roger L. Nelson
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍の「計画策定局(PEO: Program Executive Office)」が、戦闘服やキットの上から着用するスナイパー用の『改良版ギリーシステム(IGS: Improved Ghillie System)』を求める「情報提供依頼書(RFI)」を発出した。同局は新装備の試作開発とその調達を担っており、基本的情報の要求であるRFIに続いて、より具体的な仕様や性能を求めた「提案依頼書(RFP: Request For Proposal)」の作成に繋げたいとしている。
2008年に、兵士の被服や個人装備の研究開発を進める陸軍の「PdM-SCIE(Product Manager Soldier Clothing and Individual Equipment)」と「ナティック兵士研究開発技術センター(NSRDEC: Natick Soldier Research, Development and Engineering Center)」は、緊急性が高く迅速な支給の必要性(RFI: Rapid Fielding Initiative)があると判断し「難燃性ギリースーツ(FRGS)」とそのアクセサリーキット(GSAK: Ghillie Suit Accessory Kit)を開発している。

関連記事:
焼死事故を顧み、陸軍、海兵隊狙撃手用の難燃性ギリースーツ開発

今回の改良版ギリーシステムについて同局は、スナイパーの姿を周囲の植生に溶け込ませるため被服の上から着用でき、草木など自然素材を容易かつ確実に取り付けることができるような仕組みを探し求めている。フードや肩マント、スリーブ、オーバーシャツ、ベイル…など既製品で出回っているものと同様である必要はないものの、当然のことながら、軽量でモジュラー性を持ち、任務内容に合わせた適応性と敵に見つかり難い擬装性能の高さは必須となっている。


U.S. Army photo by Visual Information Specialist Gertrud Zach/released
This photo is for illustrative purposes only.
ベースキットに対する技術的要件としては、以下の項目が掲げられている。
・重量は閾値(しきいち, Threshold)で5ポンド(=約2.3キログラム)、目標値(Objective)で2ポンド(=約0.9キログラム)であること
・男女比49:1に適応するワンサイズ仕立てであること
・着脱に要する時間は2分以内であること
・MOLLEラージパックまたはMOLLE 4000パックの一番上のフラップに収納できること
・実験室環境下において4時間(閾値)/1時間(目標値)の速乾性を持つこと
・50メートル以上離れたところで移動時に90%以上の確率で聴覚識別できないこと(音が立ち難い素材を使用すること)


Photo: Military Blog Japan
This photo is for illustrative purposes only.
次にジュートやバーラップなどの擬装用キットに関する技術要件は以下の通り。
・麻織物(バーラップ)よりも燃焼速度が遅いこと。使用する繊維の特性または局所的にスプレーを塗布することで達成しても構わない。着火源が除去された際には自己消火できることが望ましい
・訓練された観測手によって、閾値で200メートル、目標値で50メートルでの視覚検出をクリアすること


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop