NEWS

アメリカ陸軍、懐古調の「ピンク&グリーン」勤務服への移行決定が最終段階

海外軍事 Comments(0)

Photo from US Army
アメリカ陸軍の軍人が平時の勤務時に着用する、いわゆる勤務服について、30年代から50年代に用いられていた「ピンク&グリーン」調の新制服への移行決定が最終段階にある。
アメリカ陸軍は戦後「グリーン」、そして2010年からは「グリーン」と並行して「ブルー」を勤務服として採用してきた。これら細分化された勤務服を統一し、調達や維持の負担を減らすこと、制度をシンプルにすることが「ピンク&グリーン」への移行の目的となる。

「グリーン」勤務服。1954年から2015年まで使用された。

Photo from US Army

「ブルー」勤務服。式典などでの礼装であった「ドレス・ブルー」のデザインを基に作られた。「ピンク&グリーン」移行後は、再び礼装となる。

Photo from US Army

「ピンク&グリーン」制服は、第二次世界大戦中の陸軍制服をモチーフにしつつ、素材やデザインを変更して着用感を向上させたものになる。男性はブラウン、女性はブラックのネクタイを着用する。標準支給されるのは男女ともパンツとオックスフォードシューズで、スカートとパンプスはオプション扱いとなるようだ。丈の短い「アイク・ジャケット」や、革製のボマー・ジャケット風防寒着も同様にオプションになる。


Photo from US Army

新制服は陸軍最先任上級曹長ダン・デイリー主導で導入が進められ、2017年10月のAUSA2017でプロトタイプが披露された。現在、兵士達からのフィードバックを待って、陸軍長官マーク・エスパーとアメリカ陸軍参謀総長のマーク・マイリーが正式に告知する準備を行っているという。



Source: The Army is in its final push toward a decision on the iconic ‘pinks and greens’ uniform
U.S. Army STAND-TO! | Pink and Green Uniform

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201810
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop