NEWS

米外交安全保障局(DSS)が主力火器搭載用の照準レーザーとしてBEメイヤーズ製『MAWL-DA』を採用

海外軍事 Comments(0)
米国務省隷下の「外交安全保障局(DSS: Diplomatic Security Service)」が、BEメイヤーズ社(B.E. Meyers & Co.)製品の採用を正式に決定した。

Photo from B.E. Meyers
採用が決まったのは、低照明・無照明な環境下での利用を想定した主力火器(プライマリーウェポン)搭載用の照準・照明レーザー『MAWL-DA(Modular Advanced Weapon Laser - Direct Action)』。


Photo from B.E. Meyers
SOCOM Mk18のようなショートカービン用を想定した人間工学に基づく設計で、トップレールのスペースを活用。取り付けによる影響を最小限に抑えるようオフセット装着することで、ガンハンドリングの際に射手の視野を妨げず、サポートハンドでのボタン操作を追求している。


Photo from B.E. Meyers
また、「マルチファンクションスイッチ」の実装により、サポートハンドの指先で、短距離(5~40m)、中距離(100m後半)、長距離(200m~)と、交戦距離に応じて3段階のレーザー出力を直感的におこなえる。

デュアル電源オプションにより、CR123またはAAバッテリー(単三乾電池)に対応。モデュラーデザインを採り入れたことで、利き腕の左右に関係無い「アンビ(ambidextrous)」仕様となっている。

Source: U.S. Diplomatic Security Service Selects MAWL-DA as its Primary NIR Weapon Laser

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop