NEWS

アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ

海外軍事 Comments(0)
アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ
Photo from INVISIO
アメリカ海兵隊が新たにスウェーデン・INVISIO社の聴力保護デバイス「T5」4519個をあらたに購入すると発表した。調達総額は約480万ドル(約5億円)で、今年11月から2020年の3月にかけて納品される見込み。まず砲兵と偵察部隊に配備される。INVISIO社はすでにMARSOCにもX5イヤホン型ヘッドセットとV60コントローラーを納入している実績がある。
海兵隊に納入されるT5は聴力保護機能のみのバージョンと、無線機と接続して使用するヘッドセット機能をもつバージョンの2種となる。聴力保護、聴力増強といった機能をもちながらバッテリーやコントローラーを内蔵しておらず、そのため重さ360グラムと軽量であることが特徴。
アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ
Photo from INVISIO

同時に購入されたV50コントローラーと合わせて操作することになる。昨今の防弾ヘルメットは本体はもちろん、暗視装置などもマウントされることが増えたため非常に重たく、軽量なヘッドセットが求められていたという。
アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ
Photo from INVISIO

Source: The United States Marine Corps selects INVISIO for their Hearing Enhancement Program. First order of SEK 43 million received. - INVISIO

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201909
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop