NEWS

アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ

海外軍事 Comments(0)
アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ
Photo from INVISIO
アメリカ海兵隊が新たにスウェーデン・INVISIO社の聴力保護デバイス「T5」4519個をあらたに購入すると発表した。調達総額は約480万ドル(約5億円)で、今年11月から2020年の3月にかけて納品される見込み。まず砲兵と偵察部隊に配備される。INVISIO社はすでにMARSOCにもX5イヤホン型ヘッドセットとV60コントローラーを納入している実績がある。
海兵隊に納入されるT5は聴力保護機能のみのバージョンと、無線機と接続して使用するヘッドセット機能をもつバージョンの2種となる。聴力保護、聴力増強といった機能をもちながらバッテリーやコントローラーを内蔵しておらず、そのため重さ360グラムと軽量であることが特徴。
アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ
Photo from INVISIO

同時に購入されたV50コントローラーと合わせて操作することになる。昨今の防弾ヘルメットは本体はもちろん、暗視装置などもマウントされることが増えたため非常に重たく、軽量なヘッドセットが求められていたという。
アメリカ海兵隊がINVISIO社のT5ヘッドセット約4,500個を購入 秋から配備へ
Photo from INVISIO

Source: The United States Marine Corps selects INVISIO for their Hearing Enhancement Program. First order of SEK 43 million received. - INVISIO

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201909
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop