NEWS

アメリカ特殊作戦司令部がM4A1用PDWキットの情報提供を募集中

海外軍事 Comments(0)

SR-635 Photo from Knight's Armament Company
広義のPDW(Personal Defence Weapon)はその名の通り、後方部隊の兵士が護身用として用いる小火器全般を指す。定義は様々だが多くはショルダーウェポンで、カービンほどの威力は必要ないまでも拳銃よりも強力な弾薬を使用し、全長はかなり小型であることが多い。このPDWについてUSSOCOMが関心を示しており、現在、広く情報を求めるべく「情報提供依頼書」を公開している。
要項によれば、USSOCOMが求めるPDWキットはM4A1のロアレシーバーを加工せずに組み込めるもので、伸縮ないしは折りたたみ式ストック、サウンドサプレッサー、工具をセットにしているもの。重量は5.5ポンド以内でストックを展開した際に26インチ以内、畳む、あるいは縮めた場合に目標15インチ、最大でも17インチの大きさになることを求めている。

口径は.300BLKを指定しているが5.56mm銃身の同梱も求めており、3分以内に交換できる機構を備えていることを条件としている。命中精度は.300BLKを用いて100ヤードで目標2MOA、最低限でも3MOA、300ヤードでは目標3MOA、最低限でも5MOAを要求している。

サイズ等の要件は既存のモデルの中にあてはまるものがあるが、求められているのはあくまでもコンバージョンキットである。以前も市販アップグレードパーツを用いた「M4A1-Plus」計画があり、こちらは中止となったが今度は実現するだろうか。

関連記事:
軍用M4自動小銃を民間向けパーツでカスタムする「M4A1-Plus」計画の仕様が公開

Source: Personal Defense Weapon - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop