NEWS

アメリカ空軍特殊部隊の特殊作戦気象観測チームが改名

海外軍事 Comments(0)
アメリカ空軍特殊部隊の特殊作戦気象観測チームが改名
U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Sandra Welch
航空機が飛ぶのに不可欠な気象情報を取得し、天候を予測する気象観測チーム。この大役を戦闘部隊に帯同して最前線で行うアメリカ空軍特殊部隊の特殊作戦気象観測チーム(SWOT)が、新たに「Special Reconnaissance(SR……特殊偵察部隊)」に改名される。
アメリカ空軍特殊部隊の特殊戦術チームは、あらゆる地面を滑走路とし、最前線での航空機運用を可能とするべく存在している。その気象観測を担うのがこれまでのSOWTの役割であった。

参考:特集:米軍特殊部隊 ― 空軍特殊部隊 AFSOC 特殊戦術部隊(Special Tactics)編 - ミリブロNews

しかしながら戦場の多様化によって、SOWTの任務範囲もまた広がることが求められた。すなわち宇宙やサイバースペースなど将来想定される戦場において、より小さなチームの活動に特化したあらゆる環境情報を得ること。それがSRの新しい任務となる。具体的な訓練内容・募集については2019年秋からとなるようだが、自由降下や水路潜入といった、偵察部隊としてのスキルが強化されるようだ。

なお「SR」は特殊偵察の略語であるが、元324訓練飛行団の司令官で2016年4月に殉職したSOWT士官、ウィリアム・シュローダー(William “Bill” Schroeder)中佐のオペレーターサインでもある。

Source: DVIDS - News - Air Force transitions enlisted specialty, grows Special Tactics capabilities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201906
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名 (2019-06-26 11:27)
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop