NEWS

アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入

海外軍事 Comments(0)
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
歩兵の戦闘能力に最も影響する銃と弾薬の軽量化は、各国軍の最重要テーマである。その解決策として有力視されている「ポリマー薬莢」を、アメリカ海兵隊が導入する。
ポリマー薬莢は数年前からメーカー各社が盛んにプロトタイプをリリースしており、アメリカ陸軍も次世代分隊火器(NGSW)向けとして、民間との研究開発が進められている。今回海兵隊向けに導入手続きが進められているのは、ミシシッピ州セントルイスのMAC社製のもの。同社は2004年から2007年にかけ、海兵隊の小規模ビジネス向け研究開発プログラムに参加、その後規模を拡大して評価研究を行ってきた。

アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
MAC社の.50口径弾とその他小銃弾。

今後3年で240万発が導入される.50口径弾はMK323 Mod0として海兵隊が制式番号を付与したものと思われる。2012年、NDIA(国防産業協会)で行われたプレゼンテーションでは通常の薬莢のものよりも優れた弾道特性を持つが、外気温の変化に敏感で摂氏-25度の低温時には薬莢のちぎれ、60度の時は薬莢の膨らみによる圧力低下・初速低下がみられたと言及された。その後こうした問題は寸法・材質の変更によって解決したようだ。

重量については、弾薬箱入りの状態で従来の2/3になる。人員の負担はもちろんであるが、大量の弾薬を運ぶ車両や航空機では燃費・行動半径の改善も大きなメリットになるようだ。

Source: Intent to Sole Source .50 Cal polymer-case ammunition - M67854-19-R-5215 (Archived) - Federal Business Opportunities: Opportunities, Ammo for the Marine Corps .50 caliber is getting a whole lot lighter

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201904
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
 米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する (2019-08-02 18:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop