NEWS

アメリカ海兵隊 陸軍のM855A1 5.56mm弾を2018年から導入

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Lance Cpl. Brittney Vella
This photo is for illustration purposes only.
アメリカ海兵隊は2018年からM855A1弾薬を導入する。M855A1弾薬はライフルレングスのM16ではなくより短いM4カービンに最適化するため燃焼速度を高めた火薬に変更。弾芯に鉛の代わりにスチールを使用しており、貫通力を高めるとともに環境にも配慮している。M855から精度、貫通力ともに向上している。

Photo Credit: Courtesy photo
M855A1は2009年に陸軍が採用、海兵隊も同時期に採用を検討していたが当時のビスマス・スズ合金弾芯の不具合により保留となっていた。

最近は議会の調達コスト削減の圧力も高まったこともあり陸軍と弾薬や小銃を共通化する動きが加速。M27 IARとの相性問題を解決すべくマグプル社のポリマー樹脂弾倉を導入している。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews

なお2017年6月にはM855A1がM27 IARの耐久性に問題を引き起こすという報告が出されていたが、その影響は限定的なものだったようだ。

参考:アメリカ海兵隊、陸軍とのM855A1弾共用に「耐久性に関する問題」ありと証言 - ミリブロNews

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。

タグ :M855A1M855

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop