NEWS

米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手

海外軍事 Comments(0)

U.S. Marine Corps photo by Monique Randolph
米海兵隊が、2018年終わり頃にジャングル地帯向けの新たな戦闘服(トロピカルユニフォーム)とブーツの製造に着手する。
海兵隊は6月から9月末に掛けて、ハワイを拠点とする第3海兵連隊・第3大隊の兵士、総勢400名が協力する中で、オアフ島の様々なロケーションを使って、トロピカルユニフォームとブーツの試作を使った第4回目となる最終評価を終えている。一連のテストにおいては、5種のファブリックと4種のブーツが試されており、絞り込み選定の結果、ファブリックは1種に決定したものの、ブーツについては3種が残ったままだった。

U.S. Marine Corps photo by Monique Randolph


U.S. Marine Corps photo by Monique Randolph
トロピカルユニフォームは、現行の戦闘服(MCUU: Marine Corps Combat Utility Uniform)と同じくナイロン/コットンによる繊維混合ながらも、繊維の構造が異なり、その重量も30%の軽量化を実現している。こうしたことから、テストに協力した兵士からは「速乾性があり、軽量だ」「パジャマのような感覚だ」とする評価の声が挙がっており、概ね開発側の狙い通りとなる反応が寄せられている。なお、軽量化と速乾性だけでなく、山岳地や植物が鬱蒼と茂る熱帯地で兵士を保護するよう、肘や膝、鼠径部に耐摩耗性の高い素材を配している。

関連記事:
米海兵隊が新型トロピカル・ユニフォームの最終評価を完了。現行品から30%の軽量化を実現


U.S. Marine Corps photo by Cpl. Molly Hampton


U.S. Marine Corps photo by Cpl. Molly Hampton


U.S. Marine Corps photo by Cpl. Molly Hampton
一方でブーツの方はというと、ダナー、ベイツ、ロッキーから寄せられた3種の試作品がテストに供されており、3社の試作品全てが受け入れられるという可能性もあるようだ。

これら新装備は、ロバート・ネラー(Robert Neller)海兵隊総軍司令官が直々に指示を下した経緯を持っており、「ワールドワイドに展開する海兵隊にとって、あらゆる環境に適応する兵士のためのオプション」として位置付けられている。なお、今回の戦闘服とブーツについては、海兵隊全軍での配備ではなく、熱帯地方へのディプロイメントを控える隊員を対象とした限定的な支給となるようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop