NEWS

米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?

海外軍事 Comments(0)

Photo via AeroVironment
This photo is for illustrative purposes only.
米海兵隊の「緊急能力局(RCO: Rapid Capabilities Office)」が、『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』取得に関する「情報提供依頼書(RFI: Request For Information)」を発出した。
同局は、2016年12月にロバート・ネラー(Robert Neller)海兵隊総軍司令官の号令下で、次世代装備の取得に向けた能力の特定、要件定義、試作開発とその実証など、将来の事業計画への促進を目的に開局している。今回の発出については「本質的な精密射撃(OPF: Organic Precision Fires)」計画の一環であるものの、現在のところは単なる市場調査レベルとなっている。


Photo By: Cpl. Michael Oxton
情報提供を求めた背景には、小規模な歩兵部隊と大規模な砲兵システムとのギャップを埋める存在としてその役割を担っていた『M327 120mm迫撃砲』遠征火力支援システム(EFSS: Expeditionary Fire Support System)の退役があるようだ。
OPF計画では、地上・洋上における全ての実動環境下において、固定・移動ターゲットに対して距離・精度・致死性の向上を図った一撃を加えることを目標にしている。

関連記事:
米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ

有効範囲(射程)や遊弋(ゆうよく)時間、調達価格といった問題が控えているものの、発出された情報に基づいて候補に挙げられるのは、エアロバイロンメント社製スイッチブレード、レイセオン製コヨーテ、ユービジョン製ヒーロー・シリーズの3種となっている。
なお当該RFIは、発出された2日後に海兵隊システム司令部によって「キャンセル」となっている。

関連記事:
米陸軍、昨秋からアフガン派遣部隊に「スイッチブレード」配備

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop