NEWS

米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用

海外軍事 Comments(0)
米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用
Photo from L3 Insight Technology
米国防総省は21日、軍特殊部隊(SOCOM)向け『分隊照準レーザー(SAL: Squad Aiming Lasers)』に、L3テクノロジーズ社(L3 Technologies, Inc.)の提案していた『NGAL(Next-Generation Aiming Laser)』を採用し、予備部品と支援を含めて、4,850万ドル(=約54.8億円)の確定価格・数量未定(FFP/IDIQ)契約を交わしたと発表した。
契約はインディアナ州の海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)がとりまとめ、ニューハンプシャー州ロンドンデリーにあるL3社の工場で生産される。2023年9月に完納予定となるが、オプションが行使されれば、5年延長となる2028年9月まで継続することになっている。

SAL計画については、射程600メートルを想定した、コンパクトライフルおよびアサルトライフル用途となり、全5社でのコンペがおこなわれている。

米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用
Screenshot from U.S. Army Special Operations Command (USASOC)
陸軍特殊作戦司令部(USASOC)が昨年5月に示した資料「将来の部隊能力の進化」によると、SALは「特殊作戦専用改修(SOPMOD)用の小型昼夜兼用サイト(MDNS: Miniature. Day/Night Sight)である『ATPIAL(Advanced Target Pointer, Illuminator and Aiming Laser)』からのリプレイスを図るもの」と位置づけられ、近代化をはじめ、小型・軽量・省電力化(SWaP: Size, Weight and Power)を図ることが掲げられていた。

また同資料に示された割り当て規則においては、USASOC 17,945セット、MARSOC 1,737セット、NSWC 5,758セット、AFSOC 1,628セットとなり、SOCOM全体で27,067セットになることも示されている。

米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop