NEWS

米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用

海外軍事 Comments(0)
米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用
Photo from L3 Insight Technology
米国防総省は21日、軍特殊部隊(SOCOM)向け『分隊照準レーザー(SAL: Squad Aiming Lasers)』に、L3テクノロジーズ社(L3 Technologies, Inc.)の提案していた『NGAL(Next-Generation Aiming Laser)』を採用し、予備部品と支援を含めて、4,850万ドル(=約54.8億円)の確定価格・数量未定(FFP/IDIQ)契約を交わしたと発表した。
契約はインディアナ州の海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD: Naval Surface Warfare Center Crane Division)がとりまとめ、ニューハンプシャー州ロンドンデリーにあるL3社の工場で生産される。2023年9月に完納予定となるが、オプションが行使されれば、5年延長となる2028年9月まで継続することになっている。

SAL計画については、射程600メートルを想定した、コンパクトライフルおよびアサルトライフル用途となり、全5社でのコンペがおこなわれている。

米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用
Screenshot from U.S. Army Special Operations Command (USASOC)
陸軍特殊作戦司令部(USASOC)が昨年5月に示した資料「将来の部隊能力の進化」によると、SALは「特殊作戦専用改修(SOPMOD)用の小型昼夜兼用サイト(MDNS: Miniature. Day/Night Sight)である『ATPIAL(Advanced Target Pointer, Illuminator and Aiming Laser)』からのリプレイスを図るもの」と位置づけられ、近代化をはじめ、小型・軽量・省電力化(SWaP: Size, Weight and Power)を図ることが掲げられていた。

また同資料に示された割り当て規則においては、USASOC 17,945セット、MARSOC 1,737セット、NSWC 5,758セット、AFSOC 1,628セットとなり、SOCOM全体で27,067セットになることも示されている。

米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop