NEWS

米バージニア州警察が新たなパトロール用の標準ショットガンに『Benelli SuperNova』を採用

海外軍事 Comments(0)

Screenshot from Benelli official YouTube channel
This photo is for illustrative purposes only.
米バージニア州警察が新たなパトロール用の標準ショットガンとして、国産べネリ(Benelli)社製『スーパノヴァ(SuperNova)』を採用する。銃器関連ニュースサイト「アモウランド」が報じており、「2019年秋の段階的な配備に向けて、既に今年に入ってから訓練が始まっている」としている。

Photo from Benelli USA
Benelli SuperNovaは、「ComforTech」と呼ばれるリコイル軽減システムを備えた、軽量でポンプアクション式の12ゲージショットガン。ゴーストリングまたはオープンライフルサイトを備えている。
これまでは、ショットチャージの軽量化または銃本体の重量化によってリコイルの抑制を図る傾向にあったが、ComforTechでは最先端のコンピューター設計を使って、正確な構造計算をおこないそのデザインを見直している。


Photo from Benelli USA
射撃時の快適性を支えているのは、①頬付け時に優しい櫛状のゲルインサート(Gel Comb Inserts)、②肩への耐衝撃性に優れた専用パッド(ComforTechR Gel Recoil Pads)、③ストックをたわませることで衝撃を分散させる22個の山形紋(逆V字型紋章)といった特徴が挙げられ、競合他社製品と比べて48%の反動抑制感を得られるとしている。

Sources: Virginia State Police Purchase Benelli SuperNova as New Patrol Shotgun

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop