NEWS

Wilcox社 スリム化されたレーザーエイミングデバイス「RAID-X」を発表

海外軍事 Comments(0)
Wilcox社 スリム化されたレーザーエイミングデバイス「RAID-X」を発表
Photo from Wilcox
近代的な夜戦装備には欠かせないレーザーエイミングデバイスだが、光学照準器やウェポンライトなどを装着するのが当たり前になった自動小銃においては、より小型・軽量なものが求められている。
Wilcox社が発表した「RAID-X」はCR123電池1個で動作するレーザーエイミングデバイスで、赤あるいは緑の可視レーザー、IRレーザー、室内/野外IRイルミネーター機能をスリムなパッケージに収めたものとなる。
Wilcox社 スリム化されたレーザーエイミングデバイス「RAID-X」を発表
Photo from Wilcox

ピカティニーレイルに直接取り付け可能。ハンドガードからほぼはみ出ることがなく、他のアクセサリーの邪魔になりにくい。
Wilcox社 スリム化されたレーザーエイミングデバイス「RAID-X」を発表
Photo from Wilcox

操作・出力調整スイッチは上部にまとめられ、左右どちらからでも操作しやすいものとなっている。
Wilcox社 スリム化されたレーザーエイミングデバイス「RAID-X」を発表
Photo from Wilcox

後部カバーの下にはOLEDディスプレイがあり、各種設定を確認できる。また一般的なpigtail式のリモートスイッチも接続可能である。
Wilcox社 スリム化されたレーザーエイミングデバイス「RAID-X」を発表
Photo from Wilcox

Source: Wilcox Industries - RAID-X Ruggedized Aiming/Illumination Device - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201902
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
 レゴブロック(LEGO)のようなプラスチック・ブリックで造られた訓練施設 (2019-06-19 14:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop