米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(1)
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Photo from Sig Sauer


アメリカ北東部のヴァーモント州警察が、シグ社のM400 Pro自動小銃をパトロール用ライフルとして制式採用したと同社が発表した。

M400 ProはいわゆるAR-15フォーマットの自動小銃。16インチ銃身にDI式という、非常にオーソドックスなシステムを採用している。タイムプルーフされ信頼性の高いメカニズムであるうえ、アーマラー教育などの移行コストが低くすむ。

フリーフロートM-LOKハンドガードとアンビ式の操作系など、モダンなライフルに必要な要素は網羅されている。余分なものを削ぎ落とし、弾薬抜きで6.5ポンド(約2.95kg)と非常に軽量に仕上げてあり、パトロールでの使用における負担を減らしている。

米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Photo from Sig Sauer

ヴァーモント州警察は、都心だけでなく広大な森林・山岳を管轄にもつ。こうした地勢における逃亡犯の追跡においては、補給の容易さと軽量さ、幅広い環境への適応性が重要となる。

米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Photo from Vermont State Police


Source: Vermont State Police Adopts SIG SAUER M400 Pro Rifles as Patrol Rifle | Sig Sauer

Text: Chaka (@dna_chaka)
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
警察が16インチ銃身の自動小銃を特別な班でなく標準装備?って思ったけど、
>ヴァーモント州警察は、都心だけでなく広大な森林・山岳を管轄にもつ。
・・・うーん納得。
Posted by 匿名 | at 2020年03月17日 12:10
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop