防衛省発表、小松基地での米軍との共同訓練計画概要について

国内軍事関連 Comments(0)
防衛省は22日、米軍再編に係る三沢飛行場から小松基地への訓練移転(共同訓練)に関する訓練計画概要について発表を行った。


期間:平成22年12月1日(水)~11日(土)

参加部隊:
 米軍側:第35戦闘航空団(三沢)
 航空自衛隊側:第6航空団、中部航空警戒管制団

使用基地:小松基地

演練項目:戦闘機戦闘訓練等
 平成22年度日米共同統合演習(実動演習)の一部として実施

使用訓練空域:小松沖空域

参加規模:タイプⅡ訓練
 米軍側:
 F-16 x 12機程度、人員約200名程度(三沢)
 ※人員、器材等輸送のため輸送機が飛来予定
 航空自衛隊側:
 F-15 x 12機程度


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
 田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート (2018-12-07 19:19)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察 (2018-11-28 12:46)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop