海自、7月4日より米国派遣訓練を実施

国内軍事関連 Comments(0)
海上幕僚監部は28日、海上自衛隊の平成23年度米国派遣訓練の実施について発表をおこなった。
今回実施される海上自衛隊の訓練にあたっては、米海軍の協力の下で洋上訓練、陸上施設利用訓練、誘導武器評価施設等を利用する訓練等を実施し、戦術技量の向上を図ることを目的としている。なお本訓練期間中に部隊の一部がカナダを訪問し、カナダ軍との友好親善を図るとしている。

期間:
平成23年7月4日(月)~9月29日(木)

場 所:
 (1)派遣護衛艦部隊
 日本からハワイ及び米国西海岸に至る海域並びにハワイ及び米国西海岸周辺海域
 (2)派遣航空部隊
 日本からグアム、ハワイ、米国西海岸及びカナダ西海岸に至る空域並びにグアム、ハワイ、米国西海岸及びカナダ西海岸周辺空域

派遣部隊
 (1)護衛艦部隊
 護衛艦「あしがら」
 (2)航空部隊
 第31飛行隊 P-3C 哨戒機 3機


Maritime Staff Office 2011/6/28


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
 田村装備開発の大阪出張「Protection& Intelligence」取材レポート (2018-12-07 19:19)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 ヨルダンのアブドラ国王が陸上自衛隊『特殊作戦群』の訓練を視察 (2018-11-28 12:46)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop