NEWS

英国特殊部隊がシリアへ潜入か、イスラエル報道

海外軍事 Comments(0)
イスラエルの安全保障・諜報専門サイト DEBKA file によると、シリアに初となる外国の戦闘員が投入されたとする記事が報じられた。戦闘員は 英国 と カタール の 特殊作戦部隊 としている。シリア 首都 Damascus (ダマスカス) から 162km 離れた都市 Homs で 反体制派勢力 の支援活動をおこなっている模様。ただ現在のところ、これら外国の部隊は直接的な戦闘活動への参加は見受けられないとして伝えられている。
英国とカタールの部隊の存在は、7日 トルコ・首都 Ankara で開催中のトルコ議会で審議されていた新計画の中で、Tayyip Erdogan (レジェップ・タイイップ・エルドアン) 土 首相によって取り上げられ、明るみとなった。

またこの件について、ロシア国営ラジオ Voice of Russia では、情報はデマであるとするイスラエルのニュースサイトを取り上げている。一方で、同様の状況はリビア・カダフィ政権崩壊時にも起こっていることから、同様のシナリオがシリアで繰り広げられている可能性も十分にあると考えられている。

DEBKA file 2012/02/08
Voice of Russia 2012/02/09
Photo: UK Mod
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

過去の「英軍特殊部隊 秘密裏に派遣」関連記事:
英国特殊部隊SASが化学兵器の押収を目的にリビアに潜伏か。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定
アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表
インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給
ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定 (2018-10-23 12:57)
 アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表 (2018-10-22 17:26)
 インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給 (2018-10-22 16:40)
 ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に (2018-10-22 13:50)
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop