NEWS

ロシア、カラシニコフライフル違法コピーに対処を検討

海外軍事 Comments(0)
ロシア政府がカラシニコフ・ライフルに代表されるロシア兵器の海外での深刻な違法コピー製品に対する厳正な対処に乗り出す。

ロシア国営通信 RIA Novosti は 27日、Dmitry Rogozin・ロシア副首相 が議会で「多くの国々がロシア製造メーカーが持つパテントを尊重せず、違法なコピー品の製造に手を出している」と指摘。ロシア政府が対処に乗り出すことを検討している、と報じた。

中でも深刻なのは、東側を代表する小銃・カラシニコフライフルで、とりわけ東欧では少なくとも 15ヶ国が違法生産をおこなっていると指摘。Izhmash によれば毎年世界で販売される数百万挺のカシニコフ・ライフルの内、正規品はわずか 10~12% にとどまり、残りは非正規の違法コピーで賄われているとしている。

RIA Novosti 2012/02/27
Photo from U.S. Marine Corps.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop