NEWS

ロシア、2015年までに400万挺の小銃を処分

海外軍事 Comments(0)
ロシア、2015年までに400万挺の小銃を処分ロシア国防省では、カラシニコフライフル・AK-47 を中心に旧式で使われなくなった小銃 400万挺 の処分を計画、2015年 までにおこなうとしている。

Alexander Sukhorukov 露第一副首相が 昨年 9月 に、「ロシア国防省で 1,700万挺 のカラシニコフを保管している」と述べていた。それとほぼ同程度の規模で軍の倉庫に積み重なった小銃 1,600万挺 の存在がロシア軍需企業によって報告され、その内の 645万挺 が既に時代遅れの陳腐化したものとのこと。

軍の規模からも過剰にストックされている状況と、今年 1月 にベールを脱いだカラシニコフ最新モデル AK-12 の存在が今回の発表の背景にある。

RIA Novosti 2012/03/14
Photo: Illegal firearms burned in Nairobi, AFP/Getty Images
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop