NEWS

米海軍、潜水艦から無人機の発射に成功

海外軍事 Comments(0)
米海軍、潜水艦から無人機の発射に成功米海軍研究試験所 NRL (Naval Research Laboratory) は、水面下にある潜水艦からの無人機打ち上げに成功したことを発表した。公式サイトには、Los Angeles 級の原子力潜水艦 USS Providence (SSN 719) に取り付けられた Sea Robin ([魚] ホウボウ) 発射システムを通じて、XFC UAS (eXperimental Fuel Cell Unmanned Aerial System) が飛び立つ際の様子を低速度撮影した写真が掲載中。発射後のドローンは自律的に X 型翼が展開し、水平に飛行経路を取る。飛行時間は 6 時間以上とのこと。

U.S. Naval Research Laboratory 2013/12/05
Photo: NAVSEA-AUTEC


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop