アデン湾で今年初の海賊襲撃事件、海自護衛艦がEUと連携し解決

国内軍事関連 Comments(0)
アデン湾で今年初の海賊襲撃事件、海自護衛艦がEUと連携し解決欧州連合主導でおこなわれるソマリア沖の海賊対策、アタランタ作戦 (Somalia Operation Atalanta) で、EU 海軍部隊 (EU NAVFOR) の旗艦、仏海軍所属 Foudre 級強襲揚陸艦 Siroco (L 9012) が、海上自衛隊協力の下で海賊行為を働いた疑いのある 5 名の身柄を拘束した。海賊らは当初石油タンカーを狙ったが、タンカーに同乗していた民間軍事会社のチームが応戦し撃退。EU 海軍部隊の要請に即応したのは、海賊対処行動水上部隊として同海域に派遣中の護衛艦さみだれ (JS Samidare, DD-106) 。

EU NAVFOR Somalia 2014/01/20


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了 (2019-11-20 15:36)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop