NEWS

USSOCOM 司令官「アイアンマンスーツの試作品 6 月に登場」

海外軍事 Comments(0)
USSOCOM 司令官「アイアンマンスーツの試作品 6 月に登場」米軍が構想する「アイアンマンスーツ」のプロトタイプ第 1 号が 6 月にお披露目となる。米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) 司令官の William H. McRaven 海軍大将は、個人用保護装備・TALOS (Tactical Assault Light Operator Suit) が組み立て段階にあり、この 6 月にもデリバリーされるとのこと。計画では 2018 年 8 月までに配備に向けた技術的評価をおこなうとしている。2 月 10 日から 12 日の会期で Washington, DC で開催された 25th SO/LIC (Special Operations and Low-Intensity Conflict) の席で McRaven 大将は、「スーツの開発がうまく行けば、特殊作戦隊員にとって生存性と能力の向上において革命的な改善をもたらすだろう」と述べた。計画には 56 の企業と、16 の政府機関、13 の大学に 10 の国立研究所が取り組んでいる。最終的にはパワードアシスト付の外骨格や、ボディーアーマー、状況認識ディスプレイを含めた実現を見据えている。

Defense Tech / Military.com 2014/02/11
Photo Credit : U.S. Army photo


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop