NEWS

USSOCOM 司令官「アイアンマンスーツの試作品 6 月に登場」

海外軍事 Comments(0)
USSOCOM 司令官「アイアンマンスーツの試作品 6 月に登場」米軍が構想する「アイアンマンスーツ」のプロトタイプ第 1 号が 6 月にお披露目となる。米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) 司令官の William H. McRaven 海軍大将は、個人用保護装備・TALOS (Tactical Assault Light Operator Suit) が組み立て段階にあり、この 6 月にもデリバリーされるとのこと。計画では 2018 年 8 月までに配備に向けた技術的評価をおこなうとしている。2 月 10 日から 12 日の会期で Washington, DC で開催された 25th SO/LIC (Special Operations and Low-Intensity Conflict) の席で McRaven 大将は、「スーツの開発がうまく行けば、特殊作戦隊員にとって生存性と能力の向上において革命的な改善をもたらすだろう」と述べた。計画には 56 の企業と、16 の政府機関、13 の大学に 10 の国立研究所が取り組んでいる。最終的にはパワードアシスト付の外骨格や、ボディーアーマー、状況認識ディスプレイを含めた実現を見据えている。

Defense Tech / Military.com 2014/02/11
Photo Credit : U.S. Army photo


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop