NEWS

MiG 戦闘機の元・チーフデザイナー Rostislav Belyakov 氏が死去。享年 94 歳

海外軍事 Comments(0)
MiG 戦闘機のチーフデザイナー Rostislav Belyakov 氏が 2 月 28 日、不特定の症状 (unspecified illness) により Moscow でなくなった。享年 94 歳。1941 年、Belyakov 氏は 21 歳で若手エンジニアとして入局、その後 出世街道を真っ直ぐに歩み、1969 年チーフデザイナーに就任。MiG-23 (NATO コード : Flogger, フロッガー) や MiG-25 (Foxbat, フォックスバット)、Mig-29 (Fulcrum, フルクラム) など MiG ファミリーの開発に携わった。旧ソ連と現在のロシア空軍のバックボーンとなる航空戦力を供給する輝かしい功績が称えられたものの、ソ連崩壊まで Belyakov 氏の名前が公にあまり知られることがは無かったと伝えられている。

ABC News 2014/03/01
Image is for illustration purposes only.

過去の「ロシア英雄死去」関連記事:
自動小銃 AK-47 生みの親「ミハイル・カラシニコフ」氏が死去、94 歳


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop