NEWS

南ア特殊部隊スナイパー、コンゴ反政府組織「M23」メンバーを 2 Km 超から狙撃成功

海外軍事 Comments(0)
南アフリカの特殊部隊スナイパーが、中部アフリカのコンゴ共和国で反政府武装勢力のメンバーを少なくとも 6 名の排除に成功。内 1 名は 2.2 キロメートル (別報道では 2,125 メートル) の長距離狙撃だったことが分かった。
過去の「長距離狙撃成功」関連記事:
1,340m の狙撃実績を持つ英軍狙撃手が今度は 1 発で 6 名の敵排除に成功
オーストラリア軍スナイパーがアフガンで最長距離の狙撃を成功
この話題自体は 1 年前に報じられていたもので、決して新しい情報ではないが、日本でも著名な特殊部隊を中心としたミリタリー専門サイト SOFREP.COM で数日前に改めて取り上げられ、再び脚光を浴びている。

この南アフリカの特殊部隊スナイパーは、国連の軍事介入により派遣されていたもので、コンゴの東部において活動中の反政府武装勢力、「M23 (March 23 Movement: 3 月 23 日運動) 」への対処に当たっていたことが伝えられている。

SOFREP.COM によると、記録はコンゴにおける M23 との戦いで史上 6 番目の長距離狙撃成功とのことだが、南アフリカ国防軍 (SANDF: South African National Defense Force) は公式には言及せず、沈黙を続けたままとしている。なお、その詳細については SOFREP.COM メンバーエリアで掲載中。

SOFREP.COM 2014/08/26
News24 2013/08/29
U.S. Marine Corps photo by Cpl. Jad Sleiman
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop