NEWS

シンガポールで世界水準の新たな都市型訓練施設がローンチ

海外軍事 Comments(0)
シンガポールで世界水準の新たな都市型訓練施設がローンチ
シンガポールで世界水準の新たな都市型訓練施設がローンチ
シンガポール国防省は、8 月 14 日付で新たな訓練施設の開設を公式発表した。

MULFAC (Murai Urban Live-Firing Facility) と呼ばれるこの訓練施設は、防衛科学技術庁 (DSTA:Defence Science and Technology Agency) が、軍協力の下でデザイン設計を担当。世界に通じるレベルの都市型訓練施設に仕上げられているとのことで、中隊規模での運用に焦点を当てており、陸軍のおこなう CQC (Close-Quarter Combat) 訓練などに対応、車輌の投入を可能とした実弾射撃施設とのこと。

訓練をより効率良くするために高解像度カメラ 30 台が備わった 1 階、2 階建ての建屋 5 棟から成る都市型の訓練施設の他、手榴弾の投擲訓練ルーム、座学用の施設などが、サッカー場 3 面ほどのエリアに広がっているとのこと。

MINDEF 2014/08/14
Photos by Chua Soon Lye / Government of Singapore


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も
米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出
米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も
米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も (2019-09-13 12:10)
 米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出 (2019-09-12 19:39)
 米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も (2019-09-12 16:02)
 米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス (2019-09-12 11:45)
 オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入 (2019-09-11 12:30)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop