NEWS

中国の原子力潜水艦と、潜水艦発射型核ミサイルに関する WSJ 紙の論考

海外軍事 Comments(0)
ウォール・ストリート・ジャーナル紙は 10 月 24 日、中国の原子力潜水艦と、潜水艦発射型核ミサイルに関する最新の動向を伝える論考を掲載した。

中国は昨年 12 月、保有する攻撃型原子力潜水艦のうち 1 席が、マレーシアとインドネシアの間にまたがるマラッカ海峡を、浮上した状態で通過、その後潜水し、姿を消した。その後、スリランカ近海とペルシャ湾内で再び浮上し、今年 2 月に再びマラッカ海峡を通過して中国に帰還したという。中国の潜水艦がインド洋にまで進出したことが公になったのは、このときが初だ。

これは中国が、過去 40 年来の悲願を達成し、公海を往来できる原子力潜水艦を保有したということを意味する。

また米海軍情報局 (ONI, Office of Naval Intelligence) によると、中国は今年、初めて核弾頭を持つ弾道ミサイルを搭載できる原子力潜水艦を持ったという。その存在は特に秘密にはされておらず、中国のハワイと呼ばれる海南省の娯楽施設から、3隻の弾道ミサイル潜水艦が見えるという。もしこのミサイルが、東アジアから発射されればハワイやアラスカに、また太平洋の中部から発射されれば米国本土にまで到達できると見られている。

ONI によると、弾道ミサイル潜水艦に搭載されたミサイルは東アジアから発射されればハワイやアラスカに、太平洋中部から発射されれば米国本土に到達する。
そして冒頭のインド洋まで航行できる原子力潜水艦を持ったという事実は、太平洋中部にまで進出してミサイルを発射できる、すなわち中国は米国本土を核攻撃できる能力を保有したことを証明した。

この論考では、かつての米ソの冷戦のように、今度は米中による核を背景にしたつばぜり合いが起こる可能性があるか否かや、実際に中国がハワイまで進出する可能性、また中国の核弾頭ミサイル搭載型原子力潜水艦の弱点などについて論じられている。ぜひご一読をお勧めしたい。


Wall Street Journal 2014/10/24
Photo: Type 094 SSBN PLA Navy, via Wikimedia Commons
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop