NEWS

米陸軍 新型制式ハンドガン選定コンペを2015年1月から開催

海外軍事 Comments(0)
米陸軍 新型制式ハンドガン選定コンペを2015年1月から開催
アメリカ陸軍は2014年10月30日のプレスリリースにおいて、新型制式ハンドガン選定コンペを2015年1月から開始すると発表した。2017年にフルサイズ版28万丁、コンパクト版7000丁の初回調達を行う予定。陸軍以外の軍機関についても21万2千丁の調達が予定されている。

新型制式ハンドガンは「モジュラー・ハンドガン・システム(MHS)」と呼ばれ、関連パーツ・外部アクセサリ・ホルスターなど現行のシステムをすべて置き換えるものとなる。これまで3回に渡りIndustry day(注:軍がメーカー関係者を集め新兵器の仕様について公表・討議する会)が開催されている。

最終的な要求仕様は2015年1月に公開されるが、バックストラップやトリガー・レバー類の交換によるサイズ変更システムが仕様に盛り込まれる見通し。口径については現行の9mmにこだわることなく、.45や.40、.357 Sigなどもコンペにて評価されるとしている。なお既にシグ社はP320 MHS editionとして要求仕様を満たす試作品を公開している。

現在制式ハンドガンとして使用されている「M9」は85年に採用されたもの。老朽化が進行しており修理・補修コストの負担が増大していた。また性能面でも陳腐化が進んでいる。2006年にはスライドの補強を行い、アクセサリレールを追加するなどの近代化改修を行った「M9A1」が海兵隊に導入されているが、近年の要求水準には届いていないことがしばしば指摘されている。

Source:Army To Hold New Pistol Competition Next Year | Kit Up!
U.S. Air Force photo by Staff Sgt Chrissy Best
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201411
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop