NEWS

US Tactical SupplyがM110狙撃システム用サプレッサースリーブの取り扱いを開始

海外軍事 Comments(0)
US Tactical SupplyがM110狙撃システム用サプレッサースリーブの取り扱いを開始
アメリカのタクティカル用品ショップ「US Tactical Supply」が、米軍のM110 SASS(セミオート狙撃システム)のサプレッサー用カバー「SUPCOV」の取り扱いを開始した。

サプレッサーを装着したまま射撃を続けると発射ガスによってサプレッサーが高熱になり、スコープに陽炎がうつりこみ射撃精度が落ちる。「SUPCOV」はシリコン製のスリーブで缶部分を覆うことで、陽炎を低減させる働きがある。テストでは、未着用状態では21発で陽炎によって照準不能になったのに対し、着用状態では91発まで照準できた。

紐やベルクロで締め付けるタイプのスリーブと較べて簡単に着脱できるのが特徴。また、使用するサプレッサの長さに合わせてカットもできる。価格は45ドル(約5300円)

Source: SUPCOV Suppressor Covers - The Firearm Blog
M110 SASS Suppressor Cover 14.5" Coyote Brown
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201411
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売
田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売
新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウィルソン・コンバットによる実戦志向のシグ・P320カスタム「WCP320」が発売 (2020-04-10 20:55)
 田村装備開発が衛生用マスクとしても使用できるフェイスガードを発売 (2020-04-09 21:24)
 新型コロナ 中東・北アフリカ情勢に大きな影響を与える (2020-04-07 19:43)
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop