NEWS

シンガポール、空挺部隊向けに昼夜・全天候型の降下訓練施設「ATF」を正式オープン

海外軍事 Comments(0)
シンガポール、空挺部隊向けに昼夜・全天候型の降下訓練施設「ATF」を正式オープン
シンガポール国防省は、空挺部隊向けに全天候型で昼夜を問わず使用できる訓練施設 (ATF: Airborne-Trooper Training Facility) を、東部のパシール・リス キャンプ (Pasir Ris Camp) 内に正式オープンした。

この ATF には、パラシュート降下訓練用途の施設と、ラぺリングガイダンス用途のエリアが設けられており、基礎的な降下訓練の他、ヘリコプターからのロープ降下など、天候条件に左右される事無く、隊員のスキル向上に役立てることが出来る。

従来型の訓練施設では 3 メートルの降下訓練にしか対応していなかったが、ATF では 4 メートルと 8 メートルの高さに対応している他、ランディングの様子をシミュレーションする目的 Rotational Trainer System が新調されている。

加えて、シンガポール空軍で実際に使用されている C-130 ハーキュリーズや、フォッカー 50、CH-47 チヌーク 3 機種の航空機内を忠実に再現したモックアップも用意されているとのこと。

ATF は、年間で 640 名の訓練生が利用する予定。

Channel NewsAsia 2014/12/01
Ministry of Defence (MINDEF), Singapore 2014/12/01


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も
米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出
米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も
米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も (2019-09-13 12:10)
 米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出 (2019-09-12 19:39)
 米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も (2019-09-12 16:02)
 米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス (2019-09-12 11:45)
 オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入 (2019-09-11 12:30)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop