NEWS

米海兵隊特殊作戦部隊・MARSOC で Glock 19 の使用が公認へ

海外軍事 Comments(0)
戦術装備ニュースサイト Soldier Systems Daily (SSD) は、2 月 12 日付で発出された米海兵隊管理当局メッセージ (MARADMIN: Marine Administrative Message) 年鑑の内容を情報ソースに、海兵隊特殊作戦部隊・MARSOC で Glock 19 の使用が認められるようになったとする記事を掲載した。
GLOCK 19
9x19 / Safe Action
Magazine Capacity: Standard 15, Optional 10/17/33
Length: 187 mm
Height: 127 mm
Width: 30.00 mm
Length Between Sights: 153 mm
Barrel Height: 32 mm
Barrel Length: 102 mm
Unloaded: 670 g
Loaded: 855 g
Trigger Pull: ~ 2.5 kg
Trigger Travel: ~ 12.5 mm
http://us.glock.com/products/model/g19

SSD では「Glock 19 は以前より特殊部隊で使用されており、MARSOC では熱心にその分析をおこない、正式に利用を認めてもらうよう働き掛けてきた」とし、今回の件について「MARSOC 隊員 (= CSO, Critical Skills Operator) による努力の賜物」と評している。

また、MARADMIN 年鑑では 13 番目の項目に「Glock 19 は (海兵隊ではなく) USSOCOM での資産扱いになる」とし、Glock 19 用のホルスターについては、選定事業者の完了まで「保留」としている。

MARADMINS 2015/02/12
Soldier Systems Daily 2015/02/17
Photo By: Sgt. Anthony W. Carter
Image is for illustration purposes only.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop