Iron Fist 2015、西部方面普通科連隊による「Daytime Raid」訓練映像

国内軍事関連 Comments(0)
Iron Fist 2015、西部方面普通科連隊による「Daytime Raid」訓練映像Iron Fist 2015、西部方面普通科連隊による「Daytime Raid」訓練映像
米第 1 海兵師団 (1st Marine Division) コンバットカメラは 2 月 17 日、海兵隊と陸上自衛隊による日米実動訓練 Iron Fist (アイアンフィスト) 2015 の最新映像を公開した。

訓練は 2 月 3 日、カリフォルニア州のキャンプペンドルトン海兵隊基地でおこなわれたもので、「Daytime Raid」とあるように、ボートを使って上陸後、急襲作戦をおこなうことを想定している。
米海兵隊からは第 13 海兵遠征部隊 (13th MEU: Marine Expeditionary Unit) の隊員らが参加。一方の陸上自衛隊側については、第 1 海兵師団コンバットカメラ上に明記こそ無いものの、映し出された隊員の装備に「WAiR (=JGSDF Western Army Infantry Regiment, 西部方面普通科連隊) 」の記載が確認できる。
同コンバットカメラの掲載元である DVIDS 上では、この他にも「Exercise Iron Fist 2015」でまとめられた特設ページが用意され、実施された訓練シーンの写真が多数掲載されている。

IF 2015 は、10 年の節目を迎える。

1st Marine Division - Combat Camera 2015/02/17

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop