NEWS

「AK-12」か「A545」か・・・混乱が続くロシア軍新制式採用小銃コンペティション

海外軍事 Comments(0)
「AK-12」か「A545」か・・・混乱が続くロシア軍新制式採用小銃コンペティション
2014年末から本格的に進行しているロシアの新制式採用小銃コンペについて混乱が続いている。2014年12月にカラシニコフの「AK-12」とデグチャレフの「A545(AEK-971改修型)」の実地評価テスト投入予定が報じられたが、その後伝えられる軍やメーカーの関係者の談話によれば、未だ錯綜した状況が続いている。

参考:
ロシア国防省「AK-12」と「AEK-971」の2自動小銃を実地評価テストに投入へ - ミリブロNews
「AK-12」のコンペ参加は、2012年のイズマッシュ社(カラシニコフ・コンツェルンの前身)の倒産・整理騒動をきっかけとしている。AK-47の設計者、ミハイル・カラシニコフゆかりの企業を救済するためにAK-12を推す政治的な圧力は非常に強いものがあるようだ。

また新小銃が決定後、現行のAK-74Mはすべて置き換えられるのか、あるいは新小銃はごく一部の採用にとどまるのかについても様々な情報が伝えられている。新小銃は歩兵装備システム「ラートニク」の一部として採用されるが、AK-74Mの「ダブつき」が以前から指摘されており、今後も混乱は続きそうだ。

Source: Russian army to trial both AK-12 and A-545 rifles - IHS Jane's 360
Russia selects new assault rifles - IHS Jane's 360
Image: Russians Adopt AK12 But What Will Replace The AK74? | Kit Up!
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop