NEWS

ロシア国防省「AK-12」と「AEK-971」の2自動小銃を実地評価テストに投入へ

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省「AK-12」と「AEK-971」の2自動小銃を実地評価テストに投入へ
ロシア軍の次期制式小銃を巡って続いているレースが新しいフェーズに突入した。先日復活した「カラシニコフ」ブランドのAK-12とデグチャレフ名誉工場のA-545(AEK-971の最新改修型)が、共に国防省のトライアルを突破し、部隊での実地評価テストが開始される。

ロシア軍では予てから個人装備の近代化を図る「ラートニク (Ratnik) 」プログラムが進められており、この一環として2小銃のトライアルも進められていた。軍・産業委員会(MIC)関係者によれば2015年3月にはその他52種の装備品と共に、一部部隊に配備され試験が行われるという見通しとのこと。
参考:
ロシア国防省 TV チャンネル、最新型突撃銃「AK-12」テスト映像を公開 - ミリブロNews
ロシア国防省 TV チャンネル、デグチャレフ名称工場製造「AEK-971」アサルトライフル紹介映像を公開 - ミリブロNews

またカラシニコフはAK-12を2015年の第1四半期から海外に輸出するとも発表した。2020年までに年間30万丁の生産能力を整える計画とのこと。大量生産による1丁あたりのコスト減を考えると、次期制式小銃選定レースはAK-12が有利という見方もある。

Source: Russia Today 2014/12/22
VPK 2014/12/24
Photo: AK-12 Engineering technologies international forum - 2012 01 - Category:AK-12 - Wikimedia Commons
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201412
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も
米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出
米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も
米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も (2019-09-13 12:10)
 米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出 (2019-09-12 19:39)
 米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も (2019-09-12 16:02)
 米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス (2019-09-12 11:45)
 オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入 (2019-09-11 12:30)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop