NEWS

フランス、ルクレール戦車と戦車回収車、計 218 輌の改良を発表

海外軍事 Comments(0)
フランス防衛調達局は 3 月 12 日、現在運用中の主力戦車「ルクレール」 (Leclerc) と DCL 戦車回収車のうち、計 218 輌を改良すると発表した。
この改良作業は、フランス軍が進める近代化計画「スコルピオン」 (Scorpion) の下で実施されるもので、即席爆発装置 (IED) などに対応するため装甲が強化される他、新しい CONTACT 戦術無線システムや、スコルピオン情報・コマンド・システムなどが装備されるという。

改良が施されるのはルクレールが 200 輌、ルクレールを基に開発された DCL 戦車回収車が 18 輌の計 218 輌で、今後改良が順次進められ、2020 年から配備が始まるという。

投資額は 3 億 3,000 万ユーロで、作業はルクレールを開発、製造したネクスター・システムズ社 (旧GIAT 社) が担当する。

ルクレールは 1980 年代に開発された戦車で、フランス陸軍では 1993 年から運用が始まり、現在約 400 輌が配備されている。またアラブ首長国連邦も 400 輌近くを導入している。

French Direction générale de l'armement (DGA) 2015/03/12
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop