NEWS

ロシア水中工作員による特殊作戦用水中銃を使った訓練映像

海外軍事 Comments(0)
RT(旧称:ロシア・トゥデイ ロシア政府が所有する実質上の国営メディア)はクリミア半島に駐留しているロシア黒海艦隊の水中工作員が、敵の水中工作から艦隊を守備するために行った訓練を紹介した。

動画の中で水中工作員は特殊作戦用水中銃である、APS 水中銃と SPP-1 水中拳銃を装備し発砲を行っている。APS 水中銃と SPP-1 水中拳銃は共に水中でも発射可能であり、敵の水中工作員に向けて水中から攻撃を行えるようにしているのが最大な特徴である。地上でも使えることは使えるのだが、射程と命中精度が劣悪になるという両極端な銃器でもある。なお APS 水中銃の後継として ADS 水中突撃銃が開発されたが、APS 水中銃から代替するのは時間が掛かるであろう。
この動画で紹介されている部隊は明らかにされていないが、クリミア半島のセヴァストポリ二駐留している第 102 独立対水中工作大隊の可能性が高い。

クリミア半島は 2014 年 3 月にはロシア連邦への編入が決定され、ロシア連邦の領土としてその地位を確立させている。

Text: WT83 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop