NEWS

ロステック、傘下のカラシニコフ・コンツェルンが特殊部隊向け装備を開発・生産すると発表

海外軍事 Comments(0)
ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」は傘下の企業の一つである「カラシニコフ・コンツェルン」が特殊部隊向けの装備を開発・生産を行うと発表した。

「カラシニコフ・コンツェルン」は特殊部隊向けの装備を開発・生産を行うために「Allmulticam」「株式会社特殊防護品センター」の二社の株の大半を取得した。「カラシニコフ・コンツェルン」の装備ブランドは「5.45デザイン」と呼称され、ロシア連邦のみならず旧ソ連圏諸国の特殊部隊向けの装備を提供するとしている。
「カラシニコフ・コンツェルン」は夏季・冬季用の迷彩服、防弾ヘルメット・ボディアーマーを特殊部隊の要求に見合うものを開発製造し、連邦軍のみならず連邦保安庁・国内軍等に所属する特殊部隊にも対応可能な装備を開発することを発表している。

この新ブランド以外にUAV 製造会社や造船所を買収していることから、従来の銃器製造のみならず他方向へ向けた経営路線を歩もうとしているのが伺えるものである。

関連記事:
カラシニコフ社、UAV と小型船の製造会社を取得

Rostec 2015/06/15
Text: WT83 - FM201506

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop