海上自衛隊の平成 24 年度計画ヘリコプター搭載護衛艦 (24DDH) は「かが」と命名

国内軍事関連 Comments(0)
海上自衛隊の平成 24 年度計画ヘリコプター搭載護衛艦 (24DDH) は「かが」と命名
Photo: JS Izumo (DDH-183) via JMSDF
Image is for illustration purposes only.
ジャパンマリンユナイテッド磯子工場でおこなわれた、海上自衛隊の平成 24 年度計画ヘリコプター搭載護衛艦 (24DDH) の命名・進水式の席で、艦名が発表され「かが」と名付けられたことが明らかとなった。


護衛艦「かが (JS Kaga, DDH-184) 」は、「いずも」型の 2 番艦で、「ひゅうが」「いせ」の発展型として、航空機運用の中枢艦機能と、国際平和協力活動等における洋上拠点となる輸送機能が強化された護衛艦で、「いずも」と共に海上自衛隊で最大の護衛艦となる。

・全長 : 248.0m
・最大幅 : 38.0m
・深さ : 23.5m
・基準排水量 : 19,500t
・主機関 : COGAG型式 ガスタービン 4基
・軸馬力 : 112,000馬力
主要装備
・高性能 20mm 機関砲 : 2基
・対艦ミサイル防御装置 : 2基
・哨戒ヘリコプター : 7機
・掃海・輸送ヘリコプター : 2機
・水上艦用ソナーシステム

関連記事:
IHI、国内最大の護衛艦・平成24年度計画DDHの受注を発表

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表
陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定
『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛省が陸上自衛隊向け新小銃・拳銃の選定理由等を公表 (2019-12-26 20:14)
 陸上自衛隊の新小銃に豊和工業製『HOWA5.56』、新拳銃にH&K製『SFP9』が選定 (2019-12-09 12:35)
 『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了 (2019-11-20 15:36)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop