NEWS

コルトと FN が米陸軍向け 2 億 1,200 万ドルの M4 / M4A1 カービンの受注獲得。2020 年まで

海外軍事 Comments(0)
米国防総省は 25 日、コネチカット州ウェスト・ハートフォードのコルト・ディフェンス社とサウスカロライナ州コロンビアの FN アメリカ社が、陸軍向けの M4・M4A1 カービンの納入契約を獲得したことを発表した。契約金額は 2 億 1,200 万ドル (=約 254 億円) で、契約の完了は 5 年後となる 2020 年 9 月 24 日が示されている。

陸軍契約司令部 (ニュージャージー州ピカティニー兵器廠) が契約を請け負っており、契約内容は、定額・一括請負式である「確定価格 (FFP: Fixed Firm Price) 」契約であったことが示されている。これは、契約締結以降、何らかのコスト増が発生した場合であっても、その負担は全て受注者 (納入業者) 側であるコルト・FN 両社が負うことを意味している。

なお、入札はインターネットを通じておこなわれ、6 社が応札したことも併せて示されている。
今回の契約はとりわけ、負債総額 3 億 5,500 万ドル (=約 430 億円) を抱え経営が破綻したコルト社にとっては好機とも考えられるが、国防総省の発表内容では情報が制約されており、総額 2 億 1,200 万ドルの内訳がコルト・FN 両社での均等割りとなるか、または配分がどのような匙加減となるかは、軍側の裁量次第になるとも考えられている。

関連記事:
コルト・ディフェンス (Colt Defence) が経営破綻、負債総額は約 430 億円

また、契約完了が 2020 年となっていることから、当面の間 M4 プラットフォームが揺るぎないことが示されている。

なお、陸軍では現在 M4A1 への全面的な移行と、既成カスタムパーツ (NDI: Non-Development Items) を利用した改修キットで構成する近代化プログラム「M4A1-Plus」計画が同時進行中。

関連記事:
軍用M4自動小銃を民間向けパーツでカスタムする「M4A1-Plus」計画の仕様が公開

U.S. DoD 2015/09/25
Guns.com 2015/09/28

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop