NEWS

IS (イスラム国) スナイパーの裏をかいて難を逃れるイラク兵士

海外軍事 Comments(0)
敵スナイパーの裏をかいて難を逃れる実戦での映像が投稿され話題となっている。

映像はイスラム国 (IS, ISIS, ISIL) のスナイパーによって狙われたイラク兵士と紹介されたもので、荒廃した風景が広がる中で、壊れた壁の裏側で息を潜めて隠れるイラク兵士の様子が映し出されている。

イラク兵士は、敵スナイパーにその存在をガッチリと掴まれている様子で、少しでも動く気配を見せた瞬間、間髪入れず銃弾が撃ち込まれている様子が確認できる。

この状況を打破すべく考えたこのイラク兵士は、持っていた帽子と近くにあった棒を使って、壁越しから敵の注意を引き付ける作戦を思い付く。

帽子への「ヘッドショット」が決まった瞬間の隙を見計らって難を逃れている。

関連記事:
ヘルメット着用で奇跡的に無傷。タリバンのスナイパーにヘッドショットされる米海兵隊員の映像

古典的な方法だが見事に功を奏していることと、実際にどれほどの距離が離れていたかは不明ながらも、現れた帽子を確実に仕留めているスナイパーについても興味が注がれるところ。

なお、サバイバルゲームでは携行品への着弾も「ヒット」扱いとなるのでご注意を。

raavvjon 2015/09/25


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop