NEWS

米海兵隊司令官、海兵隊歩兵の標準ライフルとして M4 カービンを正式承認

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊のプライマリーウェポンが、2016 年 9 月末までに M16A4 から M4 カービンに正式リプレイスされる。

これは、ロバート・ネラー (Robert Neller) 海兵隊総軍司令官が署名したという内部メモをソースとするもので、全ての歩兵大隊、治安部隊、支援スクールが対象。

関連記事:
アメリカ海兵隊、M16A4 ライフルから M4 カービンに転換を計画中

海兵隊では現場の兵士の間で、CQB (Close-Quarters Battle) や車両任務の際に、M16A4 では長尺過ぎて取り回しの悪さが指摘され続けていた。また、屈強な体格の兵士はいざ知らず、小柄な兵士にとって M16A4 は扱い難い一方で、M4 は携行する際の重量的な負荷の軽減ができ、拡張性も持ち合わせているとして太鼓判が押されている。
海兵隊関係者によると、カービンは海兵隊で標準カートリッジ になる AB49 SOST (Special Operations Science and Technology) を発射することになる。海兵隊がおこなった実射試験では、この弾薬は 600 メートルの距離で M16A4 と比べてより良い弾道特性を提供しているとのこと。

既に少なくとも半分の部隊が M4 を個人火器として手持ちがあるため、変更に伴う予算的な負荷は軽減できるものと考えられている。

Marine Corps Times 2015/10/26

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入
自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章
民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア『5.45 DESIGN』の戦闘服をフランス「GIGN」、スペイン、ハンガリーなどNATO傘下の特殊用途部隊が購入 (2019-03-22 14:13)
 自爆ベストからチームメイトを救った米陸軍の兵士が最高位の『名誉勲章(MoH)』を受章 (2019-03-20 19:10)
 民間軍事会社「ブラックウォーター」の創業者が中国の後ろ盾の下『ミャンマー』で活動を開始 (2019-03-19 17:33)
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop