NEWS

H&K が G36 自動小銃のサウジ向け輸出遅延で政府機関を相手に法廷闘争へ

海外軍事 Comments(0)

Photo: Bundeswehr/Rippl
Image is for illustration purposes only.
世界的小火器メーカーのヘッケラー&コッホ (H&K: Heckler and Koch) 社が、ドイツ連邦政府を相手取り訴訟を始める。

これは、北ドイツ放送 (NDR) とドイツ公共放送連盟 (ARD) が、日刊紙のズュートドイチェ・ツァイトュング (Süddeutsche Zeitung) とおこなった共同調査により明かされたもので、訴訟の相手先は、経済省の下部組織である「連邦経済・輸出管理庁 (BAFA: Bundesamt fuer Wirtschaft und Ausfuhrkontrolle) 」となっている。

関連記事:
「G36自動小銃スキャンダル」 ドイツ連邦軍が裁判所に約17万挺の引取・改修を求める申し立てを提起

同社の訴えは、サウジアラビア向けに輸出するはずだった G36 アサルトライフルの組み立てに必要な 5 つの部品について、政府が承認をしなかったことが挙げられている。
2008 年、当時のメルケル政権では、サウジアラビアでの G36 製造に向けた輸出承認が下りたが、2014 年半ばになってジグマール・ガブリエル (Sigmar Gabriel) 経済相が、中東情勢の緊張を背景に、武器輸出に対して慎重な姿勢を公約に掲げている。

売上の多くを輸出に依存している H&K 社にとっては、こうした政府の輸出承認の方針転換が死活問題にもなり兼ねないと、危機感を露わにしている。

ドイツの法律では、「客観的・合理的な時間内に、正当な理由なしで決定された事案」について企業が政府を相手取り訴訟を起こすことが出来る。同社は以前より、長期間に渡って輸出承認が下りなければ、それにより生じた損害賠償請求をおこなうと表明していた。

Süddeutsche Zeitung 2015/10/29
Deutsche Welle 2015/10/29

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop