NEWS

ヘッケラー&コッホ (H&K) 社の元従業員 6 名がメキシコへの銃器不正輸出で起訴

海外軍事 Comments(0)
ヘッケラー&コッホ (H&K) 社の元従業員 6 名がメキシコへの銃器不正輸出で起訴
Photo: Mexico Government
Image is for illustration purposes only.
ロイター通信によると、ドイツの世界的小銃メーカー、ヘッケラー&コッホ (Heckler & Koch) 社の元従業員 6 名が、正規の輸出ライセンスを持たないままメキシコへ不正に銃器を密輸出した嫌疑でその身柄が拘束されている。

関連記事:
弾薬 3,000 万発、ハンビー 2,200 輌、「麻薬戦争」対策のメキシコが FMS で米国に急接近
シュトゥットガルト地検の発表では、グループは既に 2006 年から 2009 年に掛けて、メキシコ国内 4 つの州に向けて 16 挺の小銃とパーツをデリバリーしているとのこと。

Reuters 2015/11/05

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop