NEWS

米空軍上級幹部が F-35 遅延に業を煮やし「F-16/F-15 × 72 機の追加購入で補填検討」と発言。空軍は否定

海外軍事 Comments(0)
もう待てない―。F-35 計画の遅延に業を煮やした米空軍の上級幹部が「F-16 または F-15 戦闘機 72 機の追加購入を検討しその補填をする」と発言し波紋を広げた。

これは、英国・ロンドンで 11 月 17 日~ 19 日の会期で開催された「国際戦闘機会議 (International Fighter Conference) 2015 」の席上、航空戦闘軍団の関係者が発言したもので、「F-35 の配備が整う 2040 年までの間、F-15 や F-16、(海軍の) F/A-18 でさえも補充を検討している」と述べた。
しかし、当の空軍はスポークスマンを通じて「我が空軍は、目まぐるしい動きを見せる地球規模での安全保障環境に備える為、常にオプションの検討をしてはいる」としながらも、「 (報道のあった) 72 機の F-15 または F-16 戦闘機を購入する計画は無い」と否定の弁を伝えている。

また、一方で同スポークスマンは「 F-35 の生産性が向上していないのも事実」と認め、苦々しい状況も口にしている。

空軍では 2038 年までに F-35A 戦闘機を 1,763 機求めている。

Flightglobal 2015/11/25

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop