NEWS

プーチン大統領、ロシア連邦保安庁 (FSB) 特殊任務センター用の「バットモービル」を視察

海外軍事 Comments(0)
RT(旧称:ロシア・トゥデイ ロシア政府が所有する実質上の国営メディア)はボルトニコフFSB長官が、ロシア連邦保安庁特殊任務センター用の新型装甲車をプーチン大統領及びショイグ国防相にお披露目した動画を公開した。

特に奇抜なデザインとなっている装甲車に対しネット上では、アメリカンコミック『バットマン』の主役であるヒーロー バットマンが愛用する特殊車輌「バットモービル」に近い雰囲気であるため話題になっている。
このバットモービルの雰囲気がある装甲車は "Каратель" と呼ばれており、この動画が出回る前からも話題になっている装甲車である。開発にはボディアーマー類を製造販売している「フォートテクノロジー社」が関わっており、2010年頃にプロトタイプが完成、2012年にはロシア連邦保安庁特殊任務センターが運用試験を初めたことが判明している。

Спецназ. Успеть вовремя/Special Forces. Just in time
この装甲車のグリルに描かれているキリル文字はЦСН(ロシア連邦保安庁特殊任務センター)を意味するものである。実戦投入されているかは明らかにされていないが、ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』はロシア連邦保安庁特殊任務センターの広報動画を作成しており、この広報動画の中で家屋制圧演習時に"Каратель"装甲車を用いていることが判明している。恐らくは家屋制圧作戦における隊員の突入支援用に運用されているものであると推測される。

RT 2016/02/26
Text: WT83 - FM201603

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop