NEWS

ポーランド特殊部隊向け「ペガサス」多用途車両調達計画が 2017 年度より始動

海外軍事 Comments(0)

Photo: Currently Polish special forces use armoured HMMWV vehicles via Polish Military.
ポーランド軍の特殊部隊向け次期車輌調達計画が、2017 年度より始動する。同国の国防産業情報サイト Defense 24 が伝えた。

「ペガサス (Pegaz, Pegasus) 」と名付けられたこの特殊部隊向けマルチロール (多用途) 車輌の調達計画は、国防省の軍備視察団により進められており、①特殊部隊・憲兵 (Military Police) 向け調達と②陸上部隊向け調達という、大きく 2 つの異なるステージを対象におこなわれる。

関連記事:
HMMWV の始まりと 30 年の歴史、そして終わり
①については、特殊部隊用途 150 輌、憲兵用 130 輌の計 280 輌の調達が求められている。契約調印は、今年又は来年度におこなわれ、第一陣のデリバリーは 2017 年から始まることが見込まれている。

一方の②陸上部隊向け車輌については、①から遅れる事 2022 年以降での第一陣の受領が予定されており、数百両規模の調達になる見込み。


Fot. D. Sadza/Defence24.pl
昨年 7 月に Defense 24 は、ドイツのライメンタル (Rheinmetall) 社と KMW (Krauss-Maffei Wegmann) 社が、装甲多用途車両 (AMPV: Armoured Multi-Purpose Vehicle) の開発を手掛けるとし、ポーランドの装甲車両メーカーであるロソマク社 (ROSOMAK S.A.) がペガサス計画に携わることに言及している。

Defense 24 2016/03/24

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop