NEWS

米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト

海外軍事 Comments(0)
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
Photo Credit: Mr. Chris OLeary, Videographer, Airborne and Special Operations Test Directorate, U.S. Army Operational Test Command Public Affairs
米陸軍運用試験司令部(OTC: Operational Test Command)が、最新の精密小銃『コンパクトセミオートスナイパーシステム(CSASS: Compact Semi-Automatic Sniper System)』をテストに供している。

関連記事:
米陸軍が新型「分隊選抜射手ライフル(SDM-R)」『M110A1』の試験写真を公開
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
Photo Credit: Mr. Chris OLeary, Videographer, Airborne and Special Operations Test Directorate, U.S. Army Operational Test Command Public Affairs
第82空挺師団所属の狙撃兵がCSASSを使って初の空挺降下潜入作戦試験(airborne infiltration operational tests)を実施。
同司令部・空挺特殊作戦試験局(ABNSOTD: Airborne and Special Operations Test Directorate)のテスト下士官を務めるロス・マーティン一等軍曹は、「CSASSのコンパクトな性質は、空挺部隊、特にロングバレルの精密ライフルで武装する狙撃兵にとって魅力的だ」と語っている。

また騎兵連隊付きのスナイパーからは、「CSASSは現在のシステムよりも短く軽量だ。これにより、長時間の移動と会敵に対する反応がより効率的になるだろう」といった意見が寄せられている。

Source: 82nd Airborne snipers jump, testing new Compact Sniper rifle system

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される
ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される (2019-10-21 17:37)
 ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視 (2019-10-18 17:07)
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop