NEWS

米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト

海外軍事 Comments(0)
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
Photo Credit: Mr. Chris OLeary, Videographer, Airborne and Special Operations Test Directorate, U.S. Army Operational Test Command Public Affairs
米陸軍運用試験司令部(OTC: Operational Test Command)が、最新の精密小銃『コンパクトセミオートスナイパーシステム(CSASS: Compact Semi-Automatic Sniper System)』をテストに供している。

関連記事:
米陸軍が新型「分隊選抜射手ライフル(SDM-R)」『M110A1』の試験写真を公開
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
Photo Credit: Mr. Chris OLeary, Videographer, Airborne and Special Operations Test Directorate, U.S. Army Operational Test Command Public Affairs
第82空挺師団所属の狙撃兵がCSASSを使って初の空挺降下潜入作戦試験(airborne infiltration operational tests)を実施。
同司令部・空挺特殊作戦試験局(ABNSOTD: Airborne and Special Operations Test Directorate)のテスト下士官を務めるロス・マーティン一等軍曹は、「CSASSのコンパクトな性質は、空挺部隊、特にロングバレルの精密ライフルで武装する狙撃兵にとって魅力的だ」と語っている。

また騎兵連隊付きのスナイパーからは、「CSASSは現在のシステムよりも短く軽量だ。これにより、長時間の移動と会敵に対する反応がより効率的になるだろう」といった意見が寄せられている。

Source: 82nd Airborne snipers jump, testing new Compact Sniper rifle system

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop