NEWS

米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Army National Guard
潜水機材を軍に納入することからビジネスをスタートさせたアメリカの軍事納入業者、Atlantic Diving Supply(ADS)社が、暗視装置大手のL3社と共同して、PVS-14の延命補修プログラムを提供開始した。

Photo By: Cpl. Emmanuel Martinez
This photo is for illustrative purposes only.
PVS-14は西側諸国で広く用いられている暗視装置だが、これらの個体の中には10年以上使用され、性能が劣化しているものも多い。しかし暗視装置は高価で、一般部隊や、各地の司法執行機関では新規購入のための予算獲得は難しいものがある。

ADS社が提供するのは、暗視装置の要である増倍管の交換と脱落・破損部品の補充を行うオーバーホールサービス。特に増倍管は従来の緑色蛍光体から最新の白色蛍光体を使用したものに変更され、新規購入よりも安く、実質新品の性能をもつPVS-14が手に入るようになるという。


Photo from ADS
最新型のENVG-Bでは、従来の暗視画像とサーマルスコープの画像を重ねて輪郭を強調するなどして情報量を増やしているが、暗視装置自体の原理は大きなブレイクスルーがあったわけではない。軍事費圧縮の圧力が高い昨今、小火器や車両、航空機など、あらゆる分野でこうした延命・現代化改修プログラムが提供されている。

関連記事:
米陸軍が歩兵戦力向上の為、3年掛けて最新の夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』×10,000セットの配備を計画 - ミリブロNews

ソース:L3 Night Vision Device White Phosphor Upgrade | ADS, Inc. Sustainment

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201811
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop