NEWS

米陸軍が歩兵戦力向上の為、3年掛けて最新の夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』×10,000セットの配備を計画

海外軍事 Comments(1)

Photo: U.S. Army Acquisition Support Center (USAASC)
米陸軍が「ライフルマンの戦力向上」を狙って、最新の夜間暗視ゴーグルを近く配備する予定にある。
2019会計年度中に配備予定となっている改良版の双眼式夜間暗視装置、『ENVG-B(Enhanced Night Vision Goggle-Binocular)』は、「ナイトビジョン」と「サーマルセンサー」の両方の能力を備え、装着者に立体的な奥行きのある視覚を提供する。

Photo: U.S. Army Acquisition Support Center (USAASC)
デイビッド・ホドゥネ(David Hodne)准将は今月9日、「陸軍年次総会(AUSA Annual Meeting)」の席上、既に第82空挺師団が先行してフィールド試験をおこなっていることを明かしており、「ゲームチェンジャーな製品だ」と高く評価している。また同准将は、「ENVG-Bを着用してM4カービンを使ったところ、100%の確率で射撃能力の改善がみられ、ターゲットの検出能力は300%向上し、射撃時に掛かる時間は30~50%の速度向上が確認された」とも明かしている。

来年の秋から2021会計年までの今後3ヶ年を掛けて、陸軍は10,000セットのENVG-Bを配備する計画にあるという。具体的な諸元については明かされておらず、最初の配備先についても現在のところ未発表だが、近接戦闘を専門的に扱う歩兵・騎兵偵察部隊になるものと予想されている。

なお、AUSAでの発表によると、海兵隊でも同時期に3,100セットの受領が予定されているとのこと。

またそれとは別に陸軍では「バージョン3の改良型夜間暗視ゴーグル」こと『ENVG-III』という新装備の配備を予定している。こちらも同じく2019会計年度内で予定されている。

関連記事:
夜間戦闘時に圧倒的なパフォーマンス、米陸軍の最新ワイレスウェポンサイト計画「ENVG III/FWS-I」

どちらの装置についても、ゴーグルとライフルサイトをワイヤレスで接続するシステム統合がおこなわれる。ENVG-IIIにおいては、最初の会敵時、素早くターゲット捕捉する能力が100%向上するとしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始
様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催!
BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ
唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍が新型の一般気候向け戦闘用ブーツの実地試験を開始 (2019-01-24 10:59)
 様々な銃器を試射できるINDUSTRY DAYがSHOT SHOW 2019に先立って開催! (2019-01-24 10:44)
 BE Meyersが米海兵隊に15億円相当のレーザーモジュールを納入へ (2019-01-21 19:03)
 唇のケアから靴磨きまで何にでも使えるスウェーデンの軍用リップクリーム (2019-01-18 12:40)
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
この記事へのコメント
これだと敵か味方がわからないね。
Posted by きき | at 2018年11月02日 17:09
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop