NEWS

米空軍特殊作戦軍、クリスティーニ・テクノロジー社の全輪駆動バイクを選定

海外軍事 Comments(0)
米空軍特殊作戦軍、クリスティーニ・テクノロジー社の全輪駆動バイクを選定
Photo: CHRISTINI AWD 450 Military Edition
クリスティーニ・テクノロジー社(Christini Technologies Inc・・・CTI)は、全輪駆動バイク450Eの軍用仕様を空軍特殊部隊に納入することを発表した。同社は、すでに米海軍、国境警備隊、英軍、UAE、ヨルダン、その他NATO諸国に納入実績がある。

関連記事:
ペンタゴン、特殊作戦向け「ステルスバイク」のプロトタイプ 2 車種を SOFIC で展示
クリスティーニ全輪駆動バイクは、フェイエットヴィルの戦術機動訓練場(Tactical Mobility Training )で、下士官向けにオフロードでの走行訓練や保守・整備訓練が実施された。この訓練施設は、過去10年間で多くの空軍特殊部隊の車両の運用をともなった訓練を行い、中東やアフリカ地域へ多くの兵士を送り出した実績のある訓練場である。

米空軍特殊作戦軍、クリスティーニ・テクノロジー社の全輪駆動バイクを選定
Photo: via Christini Technologies Inc (CTI)
この訓練施設の平地・砂漠、都市部、さらに山間部を模した試験場で、クリスティーニ全輪駆動バイク200台が試験運用された結果、空軍特殊部隊の過酷な要求、つまり、「馬のようにどんな道でも走破できる」 を十分に満たすことが証明された。

同社CEO、スティーブ・クリスティーニは、「空軍特殊部隊は、後輪駆動バイクの選択肢も持っていたが、当社の全輪駆動バイクが彼らの要求に合っており、もっとも過酷な環境でも安全で最高のパフォーマンスで運用できることを認めた」、「空軍に最高の作戦遂行能力を提供できたことを誇りに思います」。とコメントしている。

Text: 友清仁 - FM201610

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
 米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け (2019-06-07 13:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop