「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)

A screenshot from Call of Duty: Modern Warfare 2
軍用ワークホース車輌として世界で最もポピュラーな「ハンヴィー(Humvee)」の製造を手掛けている米国のAMゼネラル社(AM General LLC)が、同じく米国の大手ゲームソフト開発・販売企業である「アクティビジョン社(Activision Blizzard Inc)」を相手に、世界的ヒットタイトル「コールオブデューティー」シリーズにおいて、ハンヴィーの『商標権(trademarks)』および『トレードドレス(trade dress)』権が無断で使用され、侵害されていたとして、訴えを起こしていたことが分かった。
トレードドレスでは、米国の商標法における製品・サービスでの顕著で特徴的な外観、デザイン、形状までも対象として、その法的保護が掲げられている。

ロイター通信によると、7日夜、AMゼネラルがマンハッタンにあるニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に提出した訴状(No. 17-08644)の中で、「『Humvee』および『HMMWV』のマークが、許可なく不当にコールオブデューティーシリーズのゲーム内や、その関連書籍および玩具などで、著しく特徴付けられて使用されていた」として非難している。

関連記事:
ミリタリーFPS、ゲーム業界・銃器メーカーとのライセンス問題

U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Jamal D. Sutter/Released
This photo is for illustration purposes only.
「Humvee」および「HMMWV」は、『High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicles』つまり『高機動多用途装輪車両』を短く表したもの。ハンヴィーは1970年代後半に、米軍の「M561ガマ・ゴート」と「M151ジープ」を代替するためにAMゼネラル社によって開発され、1985年から量産が始まり、兵士らを乗せてこれまでに世界の戦地を走ってきた。兵員の輸送目的に限らず、救護型や対戦車武装をはじめとした各種の武装を搭載したモデルなど、バリエーションモデルも多く展開している。AMゼネラルによると、ハンヴィーはこれまでに、278,000輌以上が製造されているという。

関連記事:
HMMWV の始まりと 30 年の歴史、そして終わり

ハンビーは、イラク侵攻時時、サダム・フセイン政権軍との戦いで有用な車輌であった一方で、軽量で装甲の薄かったことから、市街地・郊外でのパトロールの際に仕掛けられた強力な路傍爆弾に対しての脆弱性が浮き彫りになっていた。

Photo: Joint Light Tactical Vehicle (JLTV)
事態を重く見た国防総省は、こうした危険地帯の通過において、軽量で機動力の高いハンビーから、より装甲の厚い車輌を希求し、耐爆設計に優れた「耐地雷・伏撃防護車両(MRAP: Mine Resistant Ambush Protected)」の開発を求めるようになる。しかしMRAPの導入は、その重装甲と引き換えに、ハンビーの持っていた高い機動性を失わせることになってしまう。こうした経緯の中から、ハンビーの高い機動性とMRAPの高い防御力を併せ持った「統合軽戦術車輌(JLTV: Joint Light Tactical Vehicle)」と呼ばれる新しい車輌の開発が進められた。
その後2015年8月、ウィスコンシン州に拠点を置く「オシュコシュ・ディフェンス社(Oshkosh Defense, LLC)が、陸軍の戦闘車輌軍備司令部・生涯過程管理司令部(TACOM LCMC: Tank Automotive and Armaments Command Life Cycle Management Command)」から67億ドル(=約8,040億円)におよぶその製造契約の獲得を発表している。

関連記事:
ハンヴィー後継車両「JLTV」に、オシュコシュ社の「L-ATV」が選定。最終総額 3.6 兆円の超大型調達案件
統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム

一方のアクティヴィジョン「コールオブデューティー」については、昨年における世界最大のコンソール向けビデオゲームソフト(家庭用ゲーム機向けソフト)であり、8年連続で北米最大のタイトルを記録しているミリタリーFPS(一人称シューティング)ゲーム。2003年のフランチャイズ以降、昨年度までに2億5,000万本、150億ドル(=約1兆6,950億円)を売り上げたというモンスタータイトル。

関連記事:
CoD: MW3、エンタメ分野で史上最速の10億ドルを達成

AMゼネラルは「彼らのビジネスでの成功は、『我が社』と『内情を知らない消費者』によってできたものだ」「多くの消費者はAMゼネラルが何らかの形でゲーム製作に寄与しているものだと信じているのだろう」と語り、無断で利用されたと主張。1年以上の話し合いの場を設けて交渉が決裂した後に、「三倍額賠償(triple damages)」を求めている。

ゲーム専門メディアの「PCゲーマー」によると、「AMゼネラルのハンヴィーは、『ハンヴィー・アサルト』『デルタフォース:ブラックホークダウン』『オペレーション・フラッシュポイント:レッドリバー』『ホームフロント』などでライセンス契約を交わしている」とのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop